libmariadb-devのインストール - MariaDBサーバーのヘッダとライブラリ

MariaDBサーバーのヘッダやライブラリを含む「libmariadb-dev」をaptコマンドでインストールしましょう。

sudo apt install -y libmariadb-dev

インストールされた、MariaDBデータベースのヘッダファイルとライブラリの場所については、ヘッダーファイルの読み込みパスライブラリの読み込みパスを参考にしてください。

この手順はPerlのDBD::MySQLをインストールするために、実施した手順でしたが、PerlのDBD::MySQLをインストールするためには、「libmariadb-dev」ではなく、MariaDBクライアントのヘッダとライブラリ「libmariadbclient-dev」が必要であることが判明しました。

Perlテキスト処理のエッセンス
  • 初級者向け・テキスト処理と正規表現の基本をマスター
業務に役立つPerl
  • 実務者向け・ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Perlクラブ
  • 仲間と出会い
    ゆとりあるエンジニアライフを送る