libssl-devのインストール - OpenSSLのヘッダファイルとライブラリ

OpenSSLのヘッダとライブラリが利用できるように「libssl-dev」をaptコマンドを使ってインストールします。sudoを使って、root権限でインストールします。

sudo apt install -y libssl-dev

Webシステム開発では、ユーザーPerlを使いますが、HTTP通信をサポートするためには、IO::Socket::SSLをインストールする必要があります。

IO::Socket::SSLは、Net::SSLeayに依存していますが、Net::SSLeayは、OpenSSLのヘッダとライブラリに依存しています。

インストールされた、OpenSSLのヘッダファイルとライブラリの場所については、ヘッダーファイルの読み込みパスライブラリの読み込みパスを参考にしてください。

Perlテキスト処理のエッセンス
  • 初級者向け・テキスト処理と正規表現の基本をマスター
業務に役立つPerl
  • 実務者向け・ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Perlクラブ
  • 仲間と出会い
    ゆとりあるエンジニアライフを送る