ApacheでHTTPSで通信できるようにmod_sslを有効化

HTTPSで通信できるようにmod_sslを有効化しておきましょう。a2enmodというのは、「Apache2 Enable Module」の略のようです。

sudo a2enmod ssl

a2enmodコマンドは、利用可能なモジュールから、指定したモジュールの読み込みを有効にするものです。

設定ファイルの有効化が、ファイル編集なしで、コマンドだけで、完結します。

動作を理解するために、lsコマンドで、Apacheの設定ファイルのディレクトリを見てみましょう。

ls /etc/apache2

以下です。

apache2.conf    conf-enabled  magic           mods-enabled  sites-available
conf-available  envvars       mods-available  ports.conf    sites-enabled

「mods-available」の中に、ssl.confというファイルがあります。lsとgrepで確認します。

ls /etc/apache2/mods-available | grep ssl

確かに「ssl.conf」があります。

ssl.conf
ssl.load

「mods-enabled」の中も見てみましょう。こちらは実際に読み込まれる設定ファイルです。

ls /etc/apache2/mods-enabled | grep ssl

「ssl.conf」があります。

ssl.conf
ssl.load

「mods-enabled」の中に、設定ファイルが存在するかどうかで、有効/無効の切り替えを行っているんですね。

Apacheの再起動後に有効になります。

Perlテキスト処理のエッセンス
  • 初級者向け・テキスト処理と正規表現の基本をマスター
業務に役立つPerl
  • 実務者向け・ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Perlクラブ
  • 仲間と出会い
    ゆとりあるエンジニアライフを送る